HOMEへ ヘッダー
 HOME >  癒しの部屋(ヒーリング・浄霊・お祓い等…) >  心霊鑑定について >   チャネリングについて
癒しの部屋 癒しの部屋 癒しの部屋 癒しの部屋 癒しの部屋

タイトル チャネリングについて


東北の青森、津軽の恐山には「イタコ」という職業があります。
沖縄には「ユタ」と呼ばれている方々がいます。
どちらも、霊体とか神様を降ろして自分の体に憑依させたりして話をすることができるのです。
私が言うチャネリングも、たぶん同じモノなのでは?と考えています。
相手の方のご質問を受けるときには、その方の後ろの方、守護霊であったり、
上の方、宇宙からのメッセージであったり、祖先であったり、
その時に答えてくれる方はケース・バイ・ケースですが、
聞いたそのメッセージや答えを伝えるのが私の役目です。
ときには、体の中に入れ、憑依させてから話すこともあります。


質問 それって自分の心の中で思っていることじゃないの?
答え その答えとしては私の中にまったくない言葉が出てきたり、知らない事が出てきたりするので、
自分じゃないんだと確信できます。
   
質問 外国人を入れたりできるの?

答え この質問の答えはYESです。
でも、相手が英語をしゃべる方の場合、私の頭をコンピュータだとすると、
英語として表現できる環境が整っていないので、ペラペラとは話せませんが、
知っている単語は出てきます。
話の内容自体は感情で理解できるので、日本語の環境で変換・対応し、
日本語で話すことはできます。
   
質問 例えば体操の選手を憑依させたとして、宙返りなど同じ事ができるの?
答え できません。
イメージがあっても表現するのに鍛練などを積む必要があるモノに関しては、
その方と同じような鍛練を積む必要があります。他には絵を描いたり、
楽器を弾くなど、特殊な技術を要する場合は、難しいと思います。

メニューへ戻る
  Copyright (c) 2007 IKUYO Co,Ltd All rights reserved.  会社概要  個人情報保護ポリシー  特定商法に基づく表示  免責事項  ご意見・問い合わせ  サイトマップ